とりままブログ

2017年10月末第一子出産。主婦1年目。とりあえず頑張ってみる新米ママブログ

1日2,000円生活を1ヶ月間続けてみた結果【赤字家計からの脱却】

time 2019/10/24

1日2,000円生活を1ヶ月間続けてみた結果【赤字家計からの脱却】

こんにちは!naoです。

前回我が家の家計簿が大ピンチという事で、急遽【赤字家計からの脱出!】を試みるべく、まずは「1日2,000円生活」から始めてみることにした私。1ヶ月間続けてみて、果たして結果はどうなったのか…!?恥を忍んで発表したいと思います!(緊張)



10月生活費の結果発表

そもそも10月の予算は?

結果発表の前に、まずはお給料日に決めた予算から。
1日2,000円で食費、日用品費、雑貨、交通費、交際費など諸々の生活費を賄うという計画だったので、

・生活費    6万円(2,000円 ×30日)
・レジャー費  4万円(10,000円×4週)
―――――――――――――――――――――――
計       10万円

を目標にしておりました。我が家は主人がアクティブで毎週お休みには外出するので、レジャー費は必要経費として予算に。

さてさて、気になる結果は…?

10月生活費の結果

・生活費    61,912円  ( 1,912円オーバー)
・レジャー費  50,000円   (10,000円オーバー)
―――――――――――――――
計       111,912円

11,912円の予算オーバーという結果になりました。
残念ながら予算内に治めることは出来ず。。。でしたが、まずは1日2,000円生活を1ヶ月続けられたこと、生活費を約2,000円オーバーに留められたことは、初めてにしてはまずまずの出来なのではないかと甘く評価しております。

そして何より素晴らしいのは・・・

実は生活費が先月の約半額になってた

そうです。
なんとなんと、我が家の先月の生活費を確認してみると、1ヶ月に使った生活費が何と19万円!!!(勿論、足りなかった分はクレジットカード決済・・・顔面蒼白)
先月は実家(四国)への帰省やら主人の誕生日やら夏休みやら、何かとイベントがあったとはいえ、普通に使いすぎでした。ということで、生活費が半額になっただけでもかなり儲けものです!



1日2,000円生活は即効性がすごい

(画像:fujiwaraさんによる写真ACからのお写真)

1日2,000円生活を1ヶ月間続けてみてその効果をひしひしと感じた私ですが、実は今までも細々と家計簿を付けたりはしていました。
ただそれは、全っっっっく意味を成さない【ただの記録】だったんだなあ、と痛感させられた今回。毎月「今月も使いすぎた」「気づけば赤字ギリギリ…」という事を確認するだけで何の改善も見られない記録帳だったんですよね(^^;

それが、「1日2,000円システム」を採用しただけで一気に生活費を半減させることが出来るなんて・・・正直、効果の絶大さに驚愕しております。笑
という訳で、何故「1日2,000円システム」がズボラで浪費家な私でも実行できたのか?まとめてみました。

1、何よりもシンプル

この1日2,000円システムの良いところは、ずばりシンプルなところ!

「毎日2,000円を財布に入れて、その範囲内で買い物をする。」
ただそれだけ。ややこしいことは考えない。これだけのルールなので、毎日自分が予算をクリア出来たのか?出来なかったのか?が一目瞭然でとにかく分かり易い!

クリア出来なかった日は、何が余計だったのか?も自分が一番よくわかっていますし、クリア出来たらものすごい達成感で嬉しい!!!「毎日財布の中の2,000円で生活する」という事を守るだけで家計管理に直結するので、結果に繋がりやすいんですね。

2、毎日がお給料日

「1日2,000円システム」のすごいところがもう1つ。

それは、毎日お財布に2,000円が入ってくるということ!
従来の「1ヶ月の予算がこれだけ」「1週間の予算がこれだけ」という家計管理法は、計画的にお金を使えない浪費家の私には正直無理ゲーでした。あれこれついつい買っちゃって、結局気付けば予算オーバーの繰り返し。計画的に使うという事が向いてないんですよね。。。(そういえば、夏休みの宿題も計画的に出来ず最終日に徹夜するタイプでした。爆)

その点、毎日2,000円が入ってくるこのシステムは、まさに計画的に消費できない私にピッタリ!
2,000円全部使ってお財布がスッカラカンになってても、翌日にはまた2,000円が新たに入ってくるんですから!最高です!!

しかも使わなかったらその分お財布の中は潤う!これもまたすごく達成感に繋がって嬉しいんですよねー!私、褒められて伸びるタイプだわ~と実感しました。笑

3、必要なものを買うようになる

「1日2,000円システム」を1ヶ月間続けてみて最も実感したことは、、、

家計管理には「欲しいもの」ではなく「必要なもの」を買う事が重要だという事。「いやいや、当たり前やん!今更何言うてんの?」と思ったあなたは、きっと既に家計管理が出来ていらっしゃるお方です。

「欲しいものよりも必要なものを優先させる」という事が、残念ながら浪費家の私には何より難しく、今まで全く出来なかったんです。(だから毎月赤字なんですよね・・・)
ですが、「毎日2,000円しか使えない」という事実を目の当たりにしてしまうと、欲しいものを優先するなんてことは出来ません。そんなことしたら、私も家族もご飯が食べられなくなっちゃいますからね。

そこでようやく、我が家の収入では、1ヶ月に一体どれだけのものを買えるのか?」という超絶基本的なところを知りました。そして、今まで買っていた食材も、安いからと買いすぎて随分無駄にしていたことにも気付きました。たくさん買わなくたって、案外やりくり出来るんですよね。

当たり前だけど一番重要なことを教えてくれる

ここまで長々と書いてきましたが、結局「1日2,000円システム」の仕組みって大半の方が「当たり前」と思っていることです。私も、上記の事なんか家計管理する上で当たり前のことだと思っていました。

でも、頭ではわかっているつもりでも、本当の意味で分かっていなかったんだな、とこの1ヶ月で痛感しました。“色んなネット記事や本を読み漁って、色んな家計簿を試して、知識は沢山身に付いているはずなのに全然お金が貯まらない!”そんな風に感じている方がいらっしゃったら、是非このシステムを試してみて欲しいです。

家計管理に一番必要な「身の丈に合った生活」を教えてくれる超画期的なシステムですよ!

関連記事

家計管理始めます!【赤字家計からの脱却】
2019年都民共済の返戻金が決定したよ
出産に関わる病院費用の総額をまとめてみた
JAL、ANAの株主優待券を買うならこの時期がお得!

 

↓↓ブログランキングに参加中♬↓↓
この記事が少しでもお役に立てればポチっとお願いします★

ブログランキング・にほんブログ村へ




down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

nao

nao

【住まい】東京都内 【出身地】香川 【趣味】スイーツ食べ歩き、ももクロ、アニメ、漫画などなど 【家族】主人、娘(1歳) 【年齢】28歳【その他】現在育児に奮闘中!宜しくお願い致します♪